Top > ネット > レートが大切

レートが大切

「スプレッド」とは外為は通貨を売買して収益を生み出す商取引です。

 

売買の注文の価格は、常に上下しています。

それがレートです。

http://sr-imanaka.com/check-point/

ニュースサイトを見ているとドルやユーロの市場の話題が流れる場合があります。

例としてあげると、「ただいまの為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという訳ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを表現しています。

 

別の言い方をすると、買値と売値の2つの価格があるという事です。

 

売値のことをBID、買値のことをASKと示している取引会社もあります。

 

平常時には売値の方が安い価格に定められています。

 

現実に買うときには高く、売るときには安くなります。

 

その差額をスプレッドといい、取引業者の収益といわれています。

 

スプレッドはFX業者によって違います。

 

スプレッド幅は自分にとって出費になるので、狭いFX業者をピックアップするほうが得です。

 

ただ、同じFX取引会社でも局面によってはスプレッドの広さは大きくなったり小さくなったりします。

 

例として通常はドル円のペアでわずか1銭のスプレッドの狭さでも、為替相場の上下がかなり大きい状態では広くなったりする場面があります。

 

なので、スプレッドが狭いのと、安定している事が重要です。

 

現在では変化しないスプレッドの狭さを見せる取引会社も存在しています。

 

実際にFX会社の売買画面の上で実際の為替相場を調べなければ評価できないので億劫ですが、大切な事です。

 

大事なお金を使って売買をするのだからリアルな売り買いの前に心惹かれた会社の口座開設をして、提示されているスプレッドの狭さを知っておきましょう。

 

同じペアでも、その時点の変動率(ボラティリティ)によって、外貨のスプレッドの幅は異なります。

 

一般的には、銀行間取引市場で売買高が多い外貨ではスプレッドが狭くあとの通貨ペアではスプレッドの幅が大きくなるのが一般的です。

 

ネット

関連エントリー
楽天でショッピングするのにクレジットカードを作ったわけディズニーランドの格安ホテルを探すマル秘テクレートが大切